お祝い事でもリーズナブルに越したことはない!結婚式での節約術

できる限り予算を抑えた結婚式がブーム

お祝い事とはいえ、結婚式にかかる費用はどうしても高額になってしまいますよね。景気は回復してきているとはいえ、まだまだ不安定なこのご時世、バブル時代のゴンドラで登場なんて言うのは最近はめっきり見かけず、あまりお金をかけずに賢く節約しながら式を挙げる人も増えてきています。今どきの結婚式は派手ならいいっていうものではなく、オリジナリティーを重視した自分達らしいものを求める傾向にあるようです。では、どのような方法で結婚式は節約できるのでしょうか。

かなりまとまった節約に!オフシーズンを狙う

まとまった金額を節約できる方法として、式場のオフシーズンを狙うという手があります。やはり式は晴れた日に行いたいものなので、意外と6月のジューンブライドシーズンが狙い目だったりします。式場の下見の時にそういうプランをチェックしてみると、数十万円単位でお得になることがざらにあります。また、式場が空いている場合、稼働率を挙げたいために近日で空いている日に格安で出しているプランを出しているところもあります。宿泊施設の直前割引のような原理ですが、そういうプランもかなりお得です。

持ち込みも結構な節約に

式場が決まって、色々準備を進めていくと、だいたいその式場の提携の業者で式にかかる小物などを用意してもらうことになりますが、やはりそういったところは割高なことが多く、自分で用意できるものは自分で用意した方がお得になる場合が多いです。ペーパーアイテムなどは最たる例で、最近はインターネットで格安に作ってくれる業者も見つけることができるので、利用するのも手です。ドレスやブーケ、ムービー系なども自分で用意した方が安く上がる場合が多いですが、式場によっては持ち込み量がかかる場合もあるので、よく加味したうえで決めたいものです。

お台場の結婚式場は選択肢が豊富ですから、希望の挙式スタイルを明確にして、ゲストの人数を考慮しながら選ぶべきです。