1人で赴任する…それは家族を残していくのは断腸の思いか?

会社の為に働く、家族を守らなければ

転勤在りの会社に勤めると、いずれは転勤を覚悟する必要があります。家庭持ちの社員と、独身の社員ではそれぞれ考え方が違うでしょう。単身赴任を希望する社員は、家族と離ればなれになる辛さがあります。休暇を利用して実家へ戻る事も可能ですが、旅費などが加算されてしまいます。実家にお金を振り込まないといけない、一人になったからといって気が抜けないでしょう。特に子供が小さい家庭の場合は、側にいられない辛さも余計に増えます。

仕事に打ち込む一方で…

転勤指令が出た後、家族と一緒に行くのか、離れ離れになるかは人それぞれです。独身の場合は気軽でいいでしょう。仕事の後に遊べる場所を確保すればいいという考えもあるでしょうが、妻子持ちの場合は今まで家事をやった事が無いと改めて家庭を守る事の意味を理解できるようなりますよね。子供が小さいうちから転勤を繰り返す、友達と離れるという苦しみを知らないうちに味わう…自分が知らない所で皆が辛い目に遭っている事も頭に入れておく必要があります。

単身赴任はカッコいいのかな?

全く知らない土地へと引越す場合は、生活環境がどうなのかが不安になります。家族がホームシックにならないか心配で、単身赴任で家族を残していく方がいいのかも考え事です。ワクワクというよりも不安の方が最初は大きいですが、会社が新たに立ち上げるという役割を担いながら、暫くは寝つけない日々が続くでしょう。会社を立ち上げ、軌道に乗せる必要があります。常に責任ある立場になるだけに、単身赴任の方が家族と離ればなれの方が逆に仕事に集中できますよね。

単身赴任の家具レンタルのサービスを利用すれば、引越しなどの際にも荷物が少なくて済むので非常に便利です。