思いは昔と変わらない!?婚約・結納について考える

カンタンになった婚約・結納

結婚にまつわる多くのしきたり、儀式が簡略化されている現代ですが、仲人を立てるカップルは1%に減り、結納も略々式とでも言うべきスタイルが主流になっていますよね。婚約の形は様々で、ホテルや結婚式場での「結納パック」を利用して略々式の結納式を行ったり、両家で食事会を開いたり、友人知人を呼んで婚約パーティーを行ったり、婚約通知状を知人に送るだけのこともありますね。とはいえ、婚約にあたって、けじめをつけようという意識まで変化しているわけではなく、たとえ略式ではあっても、それぞれに一つの区切りと考えているようですね。

どんな婚約の形でも慌てない!

すでに親の世代でも正式な結納式を行った人は少ないのかもしれませんが、例えば相手側から正式な結納を行いたいという要望を受けたときには、慌てずに対応する必要がありますね。そこまででなくても、結納の本来の意味やしきたりなどを、親はひと通りは子どもに伝えることも必要ですよ。また、地方によって違いがあるのも特徴で、相手側と意見が異なることもあるでしょう。そういった場合は、親同士で話し合って解決に導くことが必要になりますね。

おつき合いが始まる第一歩

時代の移り変わりとともに変化している結納や婚約のスタイルですが、その底に流れる思いは、それほど変わっていないようですね。婚約は本人同士、家同士のおつき合いが始まる第一歩ですよね。いくら本人主体といっても、親戚づき合いを無視するわけにはいきませんから、親もそれなりの気配りと常識をもって臨みたいものですね。子どもにも、おつき合いのルールやマナーを日ごろから教えておいて、いざというとき「親の顔が見たい」などと言われないようにしましょう。

エンゲージリングは、婚約した女性が、婚約相手の男性から贈られる大切な指輪です。色はシルバーで、メインにダイアモンドがあしらわれているものが一般的です。