あなたは欲しい?今と昔の婚約指輪の事情とは

婚約指輪は本当に必要ですか?

婚約指輪といえば女性の憧れ、プロポーズの時に差し出されると嬉しくなるものですよね。ですがこの婚約指輪、由来的にはジュエリーショップの販促キャンペーンの一環で特に理由があるものではないのです。そもそも婚約指輪はブームとなった当時は高度経済期で、金銭的に余裕があってこういうものも受け入れられたのです。しかしながら昨今、不況からはまだ抜け出せず経済的に余裕がない人が多く、そうなってくると婚約指輪というのは高額な買い物となってしまうのです。

婚約はゴールではなくスタートライン

婚約というのは結婚を前提にするもので、昔は両家の家族と結納を交わしてはじめて認められたものですが、最近はカップル二人の気持ちが重なっていればそれで問題なしという傾向にあるのです。そしてこの時に婚約指輪をと望む女性は多いでしょうが、本当にそれは必要なものですか?ただ流されてのことならちょっと考えてみましょう。婚約とは結婚に続くもの、ゴールではなくやっとスタートラインに立ったようなものに過ぎないのです。

経済状態を考えることが大事です

婚約がスタートラインなら結婚がゴールインかといえば実はそうではなく、その先に生活があるのは考えてみれば分かるはずです。そして生活するというのはお金がかかるもので、住居を決めて借りる、家具や生活用品の購入、引っ越しの費用など多くかかってきてしまうのです。それゆえ節約が大事になってきて、本当に婚約指輪は必要なのかどうか今一度考えてみましょう。無理することは良くなく、今の自分たちを客観的に考えることが大事なのです。

結婚指輪は日常でよく目にする機会もあり少し身近な存在ですが、婚約指輪はなかなか見ることがありません。結婚を約束するという証なので、結婚した後は思い出になります。