プロフィールビデオの自作に挑戦してみよう!

スライド作成を自分で行うための注意点

自分の満足のいく作品をつくるには、まず、ある程度のパソコンの編集技術が必要です。たとえば、スライドにつける音楽は、最後のほうをフェードアウトするようにしますが、これは別のフリーソフトが必要ですよね。ソフトの説明書を読むと、拡張子がどうだ、エンコーダがどうだと書かれていますが、それらを理解する技術力や、自力で調べる根性が必要ですよ。満足のいく作品をつくるには、かなりの微調整が必要になってきますから、「このへんでいいや」と思ってしまう人にはキツイでしょう。なんとしてでも、いい作品を結婚式で流すんだという思いが必要ですよ。

作品の長さに注意しよう!

今までの人生にはさまざまなことがあり、写真で紹介したいことがいっぱいありますから、どの写真を作品に入れようか、いろいろ悩んでいるうちに、あれもこれもとなるのは当然の成り行きです。しかし、あまりにも長すぎると、見ているほうの集中力がなくなってしまいますよ。結婚式ともなると、多くの人が飲酒しているので、それほど集中力が続きません。集中して見ていられる時間は、3分から5分程度ですね。その中に、自分の見せたいところをいかにしておさめるかが、腕の見せどころですよ。

プロジェクターの購入を考えてみよう!

今の世の中、高品質のものが思わぬ安値で買えることがありますよね。プロジェクターもその一つで、5万円程度から高品質のものが購入できますよ。式場でレンタルすると、最低3万円程度かかってしまいますよね。「そうはいっても、1回しか使わないなら、レンタルしたほうがお得じゃないか?」と思うかもしれません。購入したプロジェクターを使わないまま持ち続けるのなら、そうかもしれませんが、購入したプロジェクターは試写と本番で数回使用するだけなので、インターネットオークションで、ほぼ新品として売ることができますよ。

一生に一度しか使うことのない結婚式ティアラはレンタルのサービスなどを利用すると安くて高品質なものが準備出来ます。